AKBグループの劇場公演を自宅で

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

第3回AKBドラフトの感想とNMB指名まとめ

2018年1月21日に開催された「第3回AKB48グループドラフト会議」。

メンバーが候補者を指名した前2回と打って変わり、今回はファンの投票によって指名が決まってしまうという斬新な方式を採用。

この記事ではそんな第3回ドラフト会議でNMB48が指名した候補者をチーム毎にまとめ、備忘録的に感想も残しておきます。

スポンサーリンク

NMB48各チームの指名候補者一覧

チームN

1位:泉 綾乃(イズミ アヤノ)

学年中1
身長159.5cm
都道府県京都府
目標メンバー松井珠理奈
第1志望チームN
第2志望チームS

2位:河野 奈々帆(カワノ ナナホ)

学年中3
身長162cm
都道府県大阪府
目標メンバー山本彩、城恵理子
第1志望チームN
第2志望チームBⅡ

3位:溝渕 麻莉亜(ミゾブチ マリア)

学年高3
身長159cm
都道府県兵庫県
目標メンバー山本彩
第1志望チームN
第2志望

4位:前田 令子(マエダ レイコ)

学年高2
身長160.5cm
都道府県大阪府
目標メンバー三田麻央
第1志望チームN
第2志望チームM

5位:安部 若菜(アベ ワカナ)

学年高1
身長159cm
都道府県大阪府
目標メンバー市川美織
第1志望チームN
第2志望チームM/チームBⅡ

チームM

1位:佐藤 亜海(サトウ アミ)

学年高3
身長166cm
都道府県兵庫県
目標メンバー吉田朱里
第1志望チームM
第2志望どこでも

2位:山崎 亜美瑠(ヤマサキ アミル)

学年高1
身長155cm
都道府県兵庫県
目標メンバー白間美瑠
第1志望チームM
第2志望チームN

3位:中野 美来(ナカノ ミライ)

学年中3
身長164cm
都道府県奈良県
目標メンバー白間美瑠
第1志望チームM
第2志望チームBⅡ

4位:杉浦 琴音(スギウラ コトネ)

学年高2
身長157cm
都道府県愛知県
目標メンバー渋谷凪咲
第1志望チームM
第2志望どこでも

5位:大澤 藍(オオサワ アイ)

学年高2
身長156.7cm
都道府県大阪府
目標メンバー渋谷凪咲
第1志望チームM
第2志望どこでも

6位:坂本 夏海(サカモト ナミ)

学年高3
身長158cm
都道府県東京都
目標メンバー吉田朱里
第1志望チームBⅡ/チーム4
第2志望どこでも

チームBⅡ

1位:山本 望叶(ヤマモト ミカナ)

学年高1
身長160cm
都道府県山口県
目標メンバー太田夢莉
第1志望チームBⅡ
第2志望

2位:南 羽諒(ミナミ ハアサ)

学年高1
身長160cm
都道府県大阪府
目標メンバー太田夢莉、白間美瑠
第1志望チームBⅡ
第2志望

3位:塩月 希依音(シオツキ ケイト)

学年小6
身長143cm
都道府県大阪府
目標メンバー白間美瑠、村瀬紗英
第1志望チームBⅡ
第2志望チームN/チームM

4位:大田 莉央奈(オオタ リオナ)

学年中3
身長160cm
都道府県大阪府
目標メンバー植村梓、田中美久
第1志望チームBⅡ
第2志望チームN/チームM/STU48

5位:熊本 日向子(クマモト ヒナコ)※辞退

学年高3
身長158cm
都道府県京都府
目標メンバー松井珠理奈、白間美瑠
第1志望チームBⅡ
第2志望チームM

 

 

以上、第3回AKB48グループドラフト会議特設サイトより。

 

スポンサーリンク

個人的な感想

イベント全体の感想

第3回ドラフト会議は「ファンが選ぶ」という新たな試み。

ファンの代表が現場の卓を囲んで指名するという話も当初はありましたが、さすがに現実的ではなかったか。

実際はSHOWROOMのシステムを使った投票となりました。

 

SHOWROOMの個人配信

今回のポイントとなったのはそのSHOWROOMでの個人配信。

    3次審査前の配信から数えると約3ヶ月間という長期に渡って行われ、加入前から結構な数のファンが付いた候補者もいたようです。

    かなり入れ揚げたファンも見受けられ、Twitterの応援アカウントも出来ていました。

    私はと言いますと、見始めたのが正月からで、その後も山本望叶さんを除いては暇な時に適当にザッピングするくらい、という体たらくでした。

     

    志望チーム

    またもう1点重要なポイントとして挙げなければいけないのは、候補者に志望チームを公表させたことです。

    前回までも行きたいグループは一応公表していたと記憶しますが、ここまでハッキリと言わせたのは今回が初めて。

    これによって基本的に候補者は行きたいグループに収まることとなり、果たしてこれをドラフトと呼んで良いものか、微妙な感じになったことは確かです(菅野じゃないんだから)。

    ただ一方で総勢72名という大人数であることを考慮すると、相当気合いの入っているガチ勢でもない限り1人のファンが全ての候補者を吟味することは出来ません。

    プロフィールやパフォーマンスの動画を全員分見るだけでも大変ですし、加えてSHOWROOMも3ヶ月間あったわけです。

    だから志望チームが分かっていることで「じゃあこの子とこの子くらいは見ておこう」と絞ることが出来ました。

     

    本番の視聴環境

    さて当日、私はNMB48チームBⅡのルームに入室。

    現地で通信環境の不具合があり、数十分押してのスタート。

    ようやく始まったと思ったら今度は現メンバーの楽曲披露が3曲もあったので、ファンもコメントでかなりぶーたれてました。

    ちなみに私は業を煮やして酒を飲みながら相撲中継を見ていました。

    散々待たされて、ドラフト候補生が入場。

    パフォーマンスを披露したわけですが、なおも私をイラつかせたのが画面をフルスクリーンに出来ないSHOWROOMのガラパゴス仕様。

    ま、これは以前から分かっていたことですし、あのサービスの性質上仕方ないのかもしれませんが、他にも、あまりにも雑というか手抜きの投票システムに関しては大いに文句を言うべきだと思います。

    また今回チームメンバーは基本的に見守るだけということで、質疑応答がなかったのも残念でした。

    ただ推しチームカメラとマイクが用意されていたのは嬉しかった。

     

    私の投票詳細

    そんなこんなでいよいよ投票開始。

    私の予定としては取り敢えず山本望叶さんには投票するとして、あとは少し気になっていた大田莉央奈さんと熊本日向子さんに関しては当日のパフォーマンス等を見てから決めようと思っていました。

    ところが今書いた通りPCで見ていてもちっちゃな画面で1人1人の動きが良く見えず、質疑応答もなかったため当日得られた判断材料はほぼありませんでした。

    なので2巡目〜4巡目は大田さんに消極的な投票をし、結果4巡目で指名決定。

    5巡目は熊本さんにこれまた消極的な投票をしてこちらも指名されたので、6巡目は73番にボールを投げました。

     

    競合抽選

    今回は68名いた候補者のうち55名が指名されました。

    競合があったのは6名で、注目の矢作萌夏さんは3チーム、また2巡目で沖侑果さんが最多5チームから指名を受け、それぞれチームKとSTU48が交渉権を獲得しました。

    岡田奈々さんが引き当てたシーンは今回のイベントのハイライトでしたね。

    率直に言って、意外と競合抽選が多くて面白かったと思います。

    余談ですが、チームBⅡのテーブルでは沖さんが指名される度に沖田彩華さんが「沖田さんは?沖田さんは?」を連発していてめちゃうざかったです(褒め言葉)。

     

    といったわけでいろいろツッコミどころ満載のイベントではありましたが、結果的に運良く競合があったりしてまあまあ楽しめたなというのが所感です。

     

    NMBが指名した候補者について勝手な印象を一言ずつ

    チームN

    泉綾乃さんは動画を見る限りでは全体的に小さくまとまってしまっている印象を受けたので、今後鍛えられてどう変わるか楽しみです。何と言ってもまだ13歳ですから伸び代は大きい。

    河野奈々帆さんは第2回ドラフトの時からNMBへの思いが非常に強く、印象に残っていました。なかなか迫力のあるダンスを踊ります。

    溝渕麻莉亜さんは綺麗な顔立ちで、ハマる曲が結構ありそう。

    前田令子さんは目標メンバーが三田麻央という時点で面白い。

    安部若菜さんはなんとも普通の少女という感じですが、こういう子がアイドルになっていく過程を目撃することがオタクの使命であり醍醐味です。

     

    チームM

    佐藤亜海さんは私の好きなカエル系の顔でとても可愛らしい。

    山崎亜美瑠さんは前評判が高くHKTの強行指名には肝を冷やされましたが、彼女の憧れでもあるみるるん先輩が引き当ててくれました。思わず飛び出たガッツポーズが最強に可愛かった!今後どんどん好きになっていく予感・・・

    中野美来さんはプレッシャーも相当あると思いますがお姉ちゃんとの相乗効果が生まれることを期待しています。

    杉浦琴音さんは愛知県在住ながら小学生の頃からNMBを応援していたとのこと。ファン目線を武器にできるか。

    大澤藍さんは渋谷凪咲が目標というおっとりタイプ。かと思いきや早口言葉が得意で、滑舌が良いらしい。

    坂本夏海さんはBⅡ志望だったのですが、BⅡには指名されずMに救われた形になりました。正に捨てる神あれば拾う神あり。運があるかもしれません。若干みるきーっぽい?

     

    チームBⅡ

    山本望叶さんは性格はサバサバしていてマイペースだと思いますが、イマドキのJKっぽいノリもありなかなか楽しい子です。パフォーマンスはこれからですね。

    南羽諒さんは素直で明るいイメージ。アイドル向きだと思います。

    塩月希依音さんは最年少の12歳ですが中身は1番しっかりしているかもしれません。

    大田莉央奈さんは個人的に好きな系統の顔立ちで、ステージに立った時の表情が好き。なんとなくレスをたくさんくれそうな気もします。

    熊本日向子さんは18歳で顔は既に完成されてます。あとは表情を作れるようになれるかどうか。

     

    といったわけでNMBは合わせて16名を指名。

    ドラフト生にとってはこれからが本当の戦いとなりますが、まずは厳しいレッスンを乗り越えて無事にデビューしてくれることを祈っています。

    また密着番組やるかな???

    こちらもおすすめ



    スポンサーリンク
    コメントを残す

    ドラフト, NMB48の関連記事
    • 第3回AKBドラフトの感想とNMB指名まとめ