AKBグループの劇場公演を自宅で

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

票数の推移から予想する第8回AKB総選挙2016

総選挙に関してはこれまで投票の仕方から順位予想、アピールコメントの感想などいろいろと書いてきました。

今回は「票数」にスポットを当て、「総投票数の推移」「ボーダー票数の推移」から傾向を探り、今年の総選挙を占ってみたいと思います。

 



AKB総選挙 総投票数の推移

まず総投票数の推移は以下の通り。

回数総投票数備考
第1回未集計
第2回377,786票
第3回1,166,145票
第4回1,384,122票
第5回2,646,847票劇場盤に投票権追加
第6回2,689,427票
第7回3,287,736票謎の50万票

 

ご覧の通り数字は増える一方。

第4回まではAKB人気の上昇に比例して増えていったと見ていいと思います。

第5回に激増しているのはこの回から劇場盤にも投票券が付いた影響が大きく、翌年の第6回はほぼ横ばい。

昨年は約60万票増加しました。

 

で、この増加分に関しては昨年の総選挙直後から物議を醸しました。

新たに投票権が増えたわけでもないし、CDの売上も

  • 『ラブラドール・レトリバー』(第6回):173万枚
  • 『僕達は戦わない』(第7回):172万枚

とほぼ変わっていない。

なのに総投票数が60万も増えるのはおかしいという話です。

「二本柱の会」の会員番号は1年で8万増えたようですが、他のモバイル会員やDMM会員等の権利が残りの50万票分増えたというのはちょっと考えづらい。

まあ選対の人たちの頑張りも年々大きくなっているでしょうが、それにしても50万票は増え過ぎな気がします。

 

そこで注目されたのがCDの売上ではなく「出荷枚数」。

  • 『ラブラドール・レトリバー』:243万枚
  • 『僕達は戦わない』:300万枚

6回〜7回の間にAKB人気が更に上がった訳でもないのに何故か約60万枚も出荷枚数が増えているんですね。

これはちょっとおかしい。

で、どうも事務所が大量に買ったのではないかという説があります。

事務所が直でCDを買うとオリコンの売上には反映されないそうでして、この事務所買いが本当なら売上が上がってないのに票数が増えたという現象にも説明がつきます。

まああくまで噂なので真相は分かりませんが、今年もCDの売上だけでなく出荷枚数にも注目してみると面白いかもしれません。

ちなみに今年は劇場盤CDの売上は握手券の完売状況から見て減っていると思います。

 

また、今年はモバイルメール会員と当日の会場入場者にも新たに投票権が付与されました。

これがどう影響するか?

後者は約3万票で、大きな影響はないでしょう。

前者は選対の資金力と行動力があるところほど知人に頼んで票数を伸ばせるし、ファンの総数が多いメンバーもまた票数を伸ばせるでしょう。

 

で、結局今年の総投票数がどうなるかですが、具体的な数字は正直今の段階ではなんとも言えません。

昨年の謎の50万票のこともありますし、モバメの票数にしてもかなりざっくりでしか計算出来ないからです。

ただ、モバメ票に関してはCDの売上減を補って余りあるだけのポテンシャルはあると思います。

運営も必死なので総数として増える試算をしていることは確かでしょう。

 

AKB総選挙 各ボーダー票数の推移

順位第7回票数第6回票数第5回票数第4回票数
1位194,049159,854150,570108,837
7位81,42267,59173,17354,483
16位44,63739,12043,25224,522
32位22,19121,87721,3249,596
48位18,02116,44915,0646,602
64位14,93312,56911,6025,398
80位13,1169,561
(総投票数)3,287,7362,689,4272,646,8471,384,122

区切りとなる順位の票数を最近の4回分抜き出してあります。

まずランクインボーダーの80位の票数ですが、昨年は約3,500票も上がり、この予想以上の増加に泣いたメンバーとファンも多かったようです。

一方でアンダーガールズのボーダー32位の票数は5,6,7回とほぼ横ばい

選抜ボーダー16位の票数は第6回で一度下がり、また前回上がっています。

神セブンボーダーの7位も同様。

昨年は特に上位陣の票の増加数が顕著でした。

 

で、今年どうなるかですが、おそらくどの陣営もモバメ票を考慮して昨年より目標を高く持っているところが多いでしょう。

少なくともランクインボーダーは今年も上がると思います。

ただ、選抜のボーダーに関しては私はそれほど上がらないのではないか、もしくは下がるのではないかと見ています。

その理由は以下で説明します。

 

AKB総選挙2016 暫定順位と過去の獲得票数

下表は前回の順位から卒業や辞退をしたメンバーを除いて繰り上げた暫定順位。

それと各メンバーの過去3回分の獲得票数です。

暫定順位名前第7回票数第6回票数第5回票数
1位指原莉乃194,049141,954150,570
2位柏木由紀167,183104,36496,905
3位渡辺麻友165,789159,854101,210
4位松井珠理奈105,28990,91077,170
5位山本彩97,86667,91651,793
6位宮脇咲良81,42245,53825,760
7位島崎遥香73,80367,59157,275
8位横山由依63,41440,23253,903
9位北原里英61,56634,66633,121
10位高柳明音52,60921,97229,199
11位武藤十夢44,63730,09716,221
12位兒玉遥43,98533,54518,145
13位須田亜香里43,66548,18243,252
14位峯岸みなみ35,50633,16238,985
15位朝長美桜28,19723,76612,126
16位木﨑ゆりあ26,99430,15430,307
17位谷真理佳26,051圏外圏外
18位古畑奈和25,65014,634圏外
19位高橋朱里25,42123,612圏外
20位小嶋真子25,11720,415圏外
21位大場美奈24,70814,55515,064
22位加藤玲奈24,56921,877圏外
23位岡田奈々23,23715,873圏外
24位渕上舞22,487圏外圏外
25位田島芽瑠22,19118,87513,246
26位白間美瑠21,57717,745圏外
27位藤江れいな21,38820,95621,324
28位坂口理子20,93612,937圏外
29位二村春香20,59020,881圏外
30位矢倉楓子20,35418,59616,281
31位森保まどか19,40127,054圏外
32位向井地美音18,392圏外不参加
33位宮前杏実18,245圏外圏外
34位神志那結衣18,085圏外圏外
35位田野優花18,04817,60818,125
36位木本花音18,02116,02221,385
37位佐藤すみれ17,579圏外13,692
38位佐々木優佳里17,46616,726圏外
39位松岡菜摘17,38712,569圏外
40位後藤理沙子17,330辞退圏外
41位惣田紗莉渚17,071圏外不参加
42位茂木忍16,867圏外圏外
43位渋谷凪咲16,386圏外圏外
44位加藤夕夏15,729圏外圏外
45位薮下柊15,66614,11914,745
46位東李苑15,539圏外圏外
47位山内鈴蘭15,15711,51011,888
48位吉田朱里14,93310,98214,684
49位斉藤真木子14,91610,08916,508
50位北川綾巴14,674圏外圏外
51位大森美優14,669圏外圏外
52位鎌田菜月14,545圏外圏外
53位植木南央13,961圏外圏外
54位熊崎晴香13,777圏外圏外
55位大和田南那13,685圏外不参加
56位竹内舞13,549圏外圏外
57位篠崎彩奈13,170圏外圏外
58位市川美織13,16515,04512,616
59位本村碧唯13,11616,449圏外

まあこの表は各自ご自由にお楽しみいただければと思うんですが、上記ボーダーの推移の表も参考にしながら今年の票数について考えてみますと、選抜に入るには近年の傾向からすると4万は必要。

この数字に更にモバメ分が上乗せされるのか、今年も4万程度になるのか、それとも下がるのか。

仮に4万とすると、例えば暫定14位の峯岸みなみはあと5,000票、15位の朝長美桜は12,000票、少し飛んで小嶋真子だと15,000票、向井地美音に至っては22,000票が必要になってきます。

モバメ分があるにしてもみーおんあたりには厳しい数字であることは確かです。

暫定13位の須田―14位峯岸間で8,000票、14位峯岸―15位朝長間で7,000票もの差があるところがポイントで、それ以下は小刻みな票差が続き、まあ言ってしまえば団子状態。

今年の選抜下位は大激戦になることが予想されます。

というわけで、先ほど選抜のボーダーは下がるかもしれないと書きましたが、それはこの団子の中から1万なり2万なり大きな票を積んで爆上げするメンバーがいるかというと、私は正直ビミョーだと見ています。

 

まとめ

この記事を書いている5/28時点では総投票数にしてもボーダー票数にしても具体的な数字を挙げることは難しいです。

ただ、劇場盤の売上減少に伴い転売される投票券の減少やモバメ票が追加されたことを考慮すると昨年以上に選対の組織力がモノを言う選挙になるとは思います。

また速報順位や売上が発表されたら記事にします。

 

 

コメントを残す

総選挙の関連記事
  • AKB総選挙2018最終結果 順位と票数まとめ 前回との比較
  • AKB総選挙2018 テレビ中継は今年もBSスカパーとフジテレビ!ネット中継は?
  • AKB総選挙2018 速報結果と票数分析
  • AKB総選挙2018 速報発表の日時と中継放送について
  • 初めてのAKB総選挙 投票方法を解説 2018年版
  • AKB総選挙2017 NMBメンバーの結果と感想