AKBグループの劇場公演を自宅で

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

AKB総選挙2016 NMBメンバーの結果について感想を・・・

今回はNMB48に絞って総選挙の感想を書いていきます。

全体としては今年も厳しい結果になりました・・・

 

NMBからのランクインは11人

今年のNMBメンバーの結果は以下の通り。

順位名前所属票数速報順位(票数)前回順位(票数)
4位山本彩N110,4114位(26,680)6位(97,866)
24位白間美瑠M29,983 40位(6,929)34位(21,577)
25位沖田彩華 M29,51714位(11,426)圏外
33位矢倉楓子M27,48724位(8,848)40位(20,354)
39位薮下柊BⅡ23,25145位(6,150)60位(15,666)
41位藤江れいなM22,42990位(2,794)35位(21,388)
44位須藤凜々花 N21,55922位(9,136)圏外
52位太田夢莉N19,53434位(7,635)圏外
56位渋谷凪咲BⅡ19,14086位(2,970)58位(16,386)
66位岸野里香N15,71699位(2,305)圏外
77位吉田朱里N13,51297位(2,393)64位(14,933)
圏外村瀬紗英M71位(4,046)圏外
圏外加藤夕夏N82位(3,299)59位(15,729)
圏外市川美織BⅡ94位(2,483)79位(13,165)

ランクインしたのは計11人で、昨年の14人から3人減りました。

総選挙辞退の渡辺・上西・谷川、卒業した小谷・梅田、圏外に落ちた加藤・市川の7人が抜け、沖田・須藤・太田・岸野の4人が新たに入りました。

全体の議席数"11"は5グループ中4位。

昨年以上に他のグループに水をあけられる結果となってしまいました(AKB:28,SKE:20,HKT:19,NGT:2)。

ただ、私が当ブログ内で事前に予想した議席数も"11"だったので予想通りといえば予想通りと言えます。

今のままでは来年以降も「NMBは選挙に弱い」と言われ続けることでしょう。

じゃあ何を変えていけばいいのか?

私には皆目わかりません。

AKBとNMBのシングルの発売を被らないようにしてほしいとか、対象シングルの握手会を大阪でもやってほしいとか、あとは大阪で選挙を開催するとか、そういう本店運営に対するお願いくらいしか思い浮かびません。

とにかく抜本的な解決策は見当たらないということです。

某Uさんが仰るように関西人がケチというのが大きな原因であればそれはもうどうしようもない問題かもしれません。笑

まあ、関西以外のファンを増やす活動はもっとしてみても良いかもしれませんね・・・

 

 

各NMBメンバーについての感想


私は順位予想で山本彩を1位にしましたが、やはり現実は厳しかった。

票数を倍にしても指原には届かないわけですから戦意喪失です。

さや姉に関してはもっと自分を押し出していかなきゃ勝てないと言われ続けてきましたが、そういう性格でもないし、自分以外のメンバーに目を向けて欲しいと本人が何度も言っているのだからもうそれに従うのが良いファンなのではないかと思ったりします。

そしてより早く卒業できるような環境を作ってあげることが本人のためになるのではないでしょうか。

 


白間美瑠は選抜とは言わないまでももう5,6ランク上に行っておきたかったという気はします。

昨年より8,406票伸ばしているのですが、向井地美音や込山榛香がそれ以上に爆上げし、小嶋真子や大場美奈あたりも7,8千票伸ばしてきたので厳しかった。

まあそれでも24位は立派な順位であることは確かです。

来年は選抜へ!!

 


沖田彩華は凄いの一言。

正直ネクストに踏みとどまればバンザイだと思っていたのですが、期待以上の票が集まっていました。

今一度確認しますが、あーぽんがアンダーガールズですよ??

私が推し始めた2年前ですら想像出来なかった未来です。

初期の頃からのファンは今どんな気持ちでいるのか、想像するだけで鳥肌が立ってきます。

本当におめでとうございます。

「今日が本当の映画のクライマックスシーン」というスピーチも良かったですね。

 


矢倉楓子はアンダーまであと一歩!!

32位大島涼花との差は773票でした。

アンダーのボーダーが昨年より6千票も上がっているので厳しかったですね。

とりあえずNMBから白間・沖田とアンダーに2人入れたのは良かったですが、正直なところふぅちゃんは悔しいでしょう。

まあでもセンター曲が1曲出来ましたし、ハンバーガーも貰えますし、次につなげて欲しいと思います。

 


薮下柊は39位に大満足している様子。

20日夜に行ったSHOWROOM配信でも感謝の言葉とともに嬉しさを爆発させていました。

ああいう反応をしてくれるとこちらとしても投票のしがいがあるというもの。

今後更に推して行こうと思いました。

柊ちゃんはああ見えてもともと自分に厳しく、ひとへの感謝を忘れない子です。

そしてここ半年くらいでしょうか、先輩の卒業の影響もあってか目に見えて精神的に成長してきています。

私は今後のNMBを引っ張っていくのは柊ちゃんだと思っています。

 


藤江れいなは今年も安定の票数。

第5回:32位(21,324票)
第6回 :33位(20,956票)
第7回 :35位(21,388票)
第8回 :41位(22,429票)

なんとも稀有な人です。

今年が最後の総選挙ということで卒業を視野に入れているのでしょう。

私もAKB時代からこっそり応援してきたのでアイドルとしての藤江れいなを最後までしっかり見届けたいと思います。

出来ればMに新公演が来るまでいてほしいのですが・・・

 


須藤凜々花はもっと上を目指していたのかと思っていたのですが喜んでいるようですね。

来年は上のメンバーを全てぶち抜き去ると言っていたのでこの1年でどんな事をやってくれるのか楽しみにしてます。

爆上げの可能性という点で見ればNMB中随一。

 


太田夢莉は名前を呼ばれた瞬間ムスッとした感じでかなり悔しそうでした。

あの表情は見ていてやや残念でしたが、しかし一つの目標であるランクインは達成したということでそこは安堵しているのではないかと思います。

「ダメダメなゴリ推しは卒業してNMB48エースになれるように頑張ります」というスピーチでの言葉にも現れているように、彼女はもしかすると選挙の順位を一番重く捉えているメンバーかもしれませんね。

個人的には選挙で圏外だろうがなんだろうが売って行きたいメンバーはどんどんゴリ推しすればいいと思っていて、推されたメンバーはそのことを素直に喜び自信にしてほしいとも思っているのですが、まあこの総選挙というツウシンボがある以上考え方を変えろと言うのも無理がありますし難しいところです。

ゆーりの来年の目標は、選抜入り。

 


渋谷凪咲は2ランクアップにとどまりました。

なぎちゃんも相当悔しいはずですがあまり表には出さないようにしているのでしょう。

今後彼女が総選挙で飛躍するには何が必要か考えてみたのですが、なかなか難しい。

48G内での知名度は既にあると思うので、あとは推したいと思う何かが必要ですね。

 


岸野里香は素晴らしい。

速報で名前が呼ばれて「おっ」とは思ったのですが、正直83位スタートでは本番は厳しいかなと思ってました。

ですが蓋を開けてみれば66位!

本当にファンの方は頑張ったと思います。

お疲れ様でした。

 


吉田朱里は順位・票数ともに下げました。

シビアな話をすると、今後も女子力路線でいくようなので来年以降も総選挙に出馬するなら厳しい戦いになると思います。

ハッキリ言って若い女性ファンはたくさん投票しません(まあ母数が爆発すれば別ですが)。

票をたくさん入れてくれる層にどうアプローチしていくかが課題でしょう。

ただYouTubeは今本当に力のある媒体なので女子力動画をキッカケに仕事が増えることを期待しています。

とりあえず今回はギリギリでもランクイン出来て良かった。

これで岸野だけランクインするとまたMBNの時みたいに拗ねそうですし…笑

 


村瀬紗英は今回速報で初めて名前を呼ばれましたが本番では残念な結果に終わりました。

ただ既に来年へ向けての意気込みも語っているので応援しましょう。

ちなみに「WEAR」というファッション関係のアプリ?を始めたようで、こちらの展開も楽しみです。

 


加藤夕夏は昨年59位という順位だっただけに悔しいでしょう。

SHOWROOMのお礼配信でも泣いていました。

ただ、正直な感想を言うと自分でチャンスを潰したなと思います。

この結果を受けて何を思い、どう行動していくかで彼女の今後が決まります。

正念場でしょう。

 


市川美織は脱レモン宣言をし今年に掛ける思いも強かったのですが、こちらも残念な結果となってしまいました。

ただ人間・市川美織としてはこれからが勝負です。

 


他にどうしても取り上げておきたいのが川上礼奈。

選挙後にあげたブログ、まだ読んでいない方は是非読んで下さい↓

川上礼奈( ^ω^ )!総選挙。思い。|NMB48オフィシャルブログ http://ameblo.jp/nmb48/entry-12172349725.html

来年はれなぴょんをランクインさせましょう。

 

来年の総選挙について

というわけでNMBについての感想でした。

「で、お前は誰に入れたの?」

と気になる方もいらっしゃると思うので書いておきますと、私は沖田彩華・矢倉楓子・薮下柊、それから他グループですが兒玉遥に投票しました(ほとんど沖田ですが)。

絞りに絞った結果がこの4人でして、他のNMBメンバーはもちろん渡辺麻友・岡田奈々・木﨑ゆりあといったメンバーにも投票したかったというのが本当のところです。

思うような結果が出なかったメンバーの表情を見ると、この子にも投票すれば良かったなあと、毎年思うのですが・・・

 

さて、最後に来年のNMBについて少し書いておきます。

まず「今回の選挙が最後」という発言をしているメンバーがいまして、それが山本彩・藤江れいな・岸野里香の3人です。

この中で藤江の不出馬はほぼ確実であり、山本と岸野はどうするのか分かりませんが仮にランカー3人が抜けるとするとNMBの議席数は暫定で8。

ランクイン実績のある上西恵と谷川愛梨が戻ってきたとしても10。

あとは加藤夕夏・市川美織が復活して、村瀬紗英あたりが頑張ってようやく13です。

さらにマズいのが、山本が抜けるとNMBは選抜メンバーが0人になってしまうという問題。

ここは白間美瑠・沖田彩華・矢倉楓子あたりから最低1人は選抜に押し上げなければなりません。

山本彩の動向にかかわらずそういう空気は作っていくべきだと思います。

総選挙がある以上、総選挙でグループが惨敗すれば確実にメンバーのモチベーションは落ちるので、やはりNMBファンも奮起しないといけないと思います。

 

・・・とまあ、普段はあーだこーだ批判しながらもイベント前後はどうしても熱くなってしまう、そんなAKB48の選抜総選挙。

来年も、なんだかんだ楽しみにしています。

 

コメントを残す

総選挙, NMB48の関連記事
  • AKB総選挙2018最終結果 順位と票数まとめ 前回との比較
  • AKB総選挙2018 テレビ中継は今年もBSスカパーとフジテレビ!ネット中継は?
  • AKB総選挙2018 速報結果と票数分析
  • AKB総選挙2018 速報発表の日時と中継放送について
  • 初めてのAKB総選挙 投票方法を解説 2018年版
  • AKB総選挙2017 NMBメンバーの結果と感想